今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

高雄国際空港から地下鉄に乗って新左営駅へ。蓮池潭へ行ってみたら、見所は龍虎塔だけではなかった!

※2017年6月16日更新

バニラエアJW123便に乗って、台湾第二の都市、高雄市へと飛んで来ました。

バニラエアJW123便搭乗記はこちら

まずは、高雄国際空港から地下鉄(KMRT)に乗って、新左営駅*1へと向かいました。KMRTのRed Lineをほぼ端から端まで乗ることになります。新左営駅へと向かった目的は、有名な龍虎塔がある蓮池潭を訪れるためです。

地下鉄(KMRT)に乗って新左営駅に移動

空港建物を出てエレベーターで地下に降り、KMRTの改札口へと向かいます。

2016年8月に再訪したときは、悠遊カードが使えるようになっておりましたが、当時はまだ、KMRTでは悠遊カードを利用できず…

仕方なくトークンを購入しました。

ここから新左営駅まで、30分近く乗車することになるので、結構距離があります。

地下鉄内の様子

エアコンが効いていてとても快適な上に、主要な駅の案内では、日本語のアナウンスが流れました。

これには驚きました。

それから、日本と同じく、主要な駅(とりわけ、美麗島駅や高雄駅)では人の乗り降りが激しいです。

新左営駅周辺の様子

新左営に到着し地上に出ると、レトロな台鐵の車両を発見!

台湾鉄道

台湾に入国したのは今回で5回目だというのに、初めて台鐡を見ました。

(映像では何回か見たことがありますが…)

さて、新左営駅から蓮池潭を目指して、南西の方へ歩いて行きます。

このスクーターの数を見ると、台湾に来た!っていうのを改めて感じることができます。

向かいの駐輪場です。ものすごい数のスクーターですね。

蓮池潭

蓮池潭ですが、冒頭にも書きました通り、龍と虎の塔がある龍虎等で有名な場所です。龍虎塔は、高雄市屈指のパワースポットと言われています。

他にも、あまり取りあげられませんが、いくかお寺があります。

蓮池潭へのアクセス

新左営駅から蓮池潭への行き方ですが、地図で示すと下の通りです。

地図上では、そこそこ近いように見えたので、僕は歩いていくことにしたのですが、実際歩いてみると、結構歩きました。

というのも、交通量が多い道路を横断したりしなければなりません。

また、僕が訪れた際には、歩道を工事していたため、バイク用の道路を歩かなければならなかったりと、ちょっと危険な道のりでした。

歩いていくと、前方にどでかい物体…いや仏体を発見しました。

民家の間から巨大な仏像が見えるわけですから、びっくりしますよね。

仏像を作っている会社の社屋の上にシンボルとして仏像を設置しているのかと思ったのですが、お寺だったのです。

で、でかい( ̄▽ ̄)

重さで建物が潰れないのでしょうか?そして、どうやって設置したんでしょうか?

蓮池潭に到着

先ほどのお寺の前の道路を渡ると、蓮池潭に到着です。

渡橋から蓮池潭を臨みます。地図上でも思いましたが、結構な大きさです。

地元の方の運動スポットらしくサイクリングを楽しんだり、ジョギングをしている人がいました。

天府宮

渡橋を渡って先にあった天府宮というお寺です。

「宮」という文字が使われているので、「寺」と表現するのが正しいのかどうかわかりませんが、便宜上、「寺」と表現させていただきます。

大なり小なり差はありますが、台湾は本当にお寺が多いです。

北帝廟

こちらは、北帝を祀っている、北帝廟の入り口です。

この門をくぐると、ちょっとしたステージがありまして、地元のご老人たちが、食事をしながら自慢の歌声を披露してました。

北帝の像らしいです。この時点で、既に陽は沈んでおり、徐々に暗くなり始めておりました。

そして、あたりが暗くなると突然……

こんな感じにライトアップされました。そのギャップの激しさが、僕のツボにはまってしまいました(笑)

北帝廟から、龍虎塔の方を撮影してみました。まだまだ歩かなければなりませんね。

春秋閣

北帝廟から少し歩くと、春秋閣があります。

下調べせずに行ったのですが、春秋閣も、龍のオブジェがあります。

残念ながら、龍の口の中にシャッターは閉じておりましたが、もしかしたら、昼間は入ることができるのかもしれません。

啓明堂

春秋閣の前には、啓明堂というお寺があります。

龍虎塔

春秋閣から、もう少し歩きまして、ようやく龍虎塔に着きました。

遠目から見るのと、近くで見るのとではやっぱり違いますね。

龍虎塔は高雄市屈指のパワースポットだと聞いており、人がたくさんいるイメージだったのですが、この時間は全然人がいません。

とりあえず、近寄ってみましょう。

人が少ない理由がわかりました。

既にシャッターが閉じられており、口の中へ入ることができません。

要するに、営業時間外ってことです。

そりゃ観光客もいませんわな。

口の中に入ってみたかったので、ちょっと残念です。ですが、高雄にまた来る口実ができました(笑)

2016年8月に再訪

2016年8月に再訪し、龍虎塔に登ってみました。

その際の記事はこちら

慈濟宮

最後に、龍虎塔の前にあるお寺、慈濟宮を撮影して、新左営駅へと戻りました。


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

*1:現地表記だと「新左營站」になります。

スポンサーリンク