読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年はSFC修行中です。

チェンマイの代表的な寺院を1日で回りきってみた! その9

チェンマイ寺院巡り9

Wat Muen Ngoen Kongよりも小さい寺院

つづいて向かったのは、Wat Phra Chao Mengrai(ワット・プラ・チャオ・メンラーイ)という寺院です。

チェンマイを都としたメンラーイ王の名を入れた寺院。
地球の歩き方 タイより

場所は、こちらになります。


DSC_1386

早速中に入ってみました。

DSC_1388

ここは非常に小さな寺院です。
この一つ前に訪れたWat Muen Ngoen Kongよりも全然小さいです。



観光客も僕を除いていませんでした。
地元の子供がいたぐらいでしょうか(笑)


見るにもあまり時間を要しなかったので、一通り写真を撮影し終えると、
次の寺院へと向かいました。

意味深な仏像の頭部だけがあるWat Jetlin

さて、次の寺院へ向かってバイクを走らせたのですが、
寺院があると思われる場所にきても、寺院がありません。

「おかしいな…」と思ってGoogle Mapを開いてみると、たしかにこの場所にあるのです。
あたりを見回し、目の前の寺院の名前と比べてみると……

スペルが違う!!

そうなんです。
実際の寺院の表記と、Google Mapと、地球の歩き方
全て表記が異なっているので見つけることができなかったわけです。
Google Map上は、Wat Chedlinと表記されています。
地球の歩き方では、Wat Cet Linと表記されています。

ややこしい…

さて、この寺院はというと、
境内にある池では、歴代チェンマイ王が即位の際沐浴をしたと伝えられている。
地球の歩き方 タイより
そうです。

ちなみに、場所はこちらになります。


というわけで、早速、境内に入って行ってみました。

すると、仏像の頭部が目に飛び込んできました。
ヒビが入っており、よくよく眺めていると、不気味な印象さえ抱きます。

DSC_1390

なぜ、頭部だけが納められているのか?
その理由は定かではありません。

DSC_1391

さらに周囲を見渡すと、砂に埋もれた仏塔の姿が。
まるでピラミッドのようです。

DSC_1392

もちろん、仏塔も存在しました。


さらに奥へと進んでいくと、
池らしきところに到着しました。
DSC_1393

この門を潜っていくと、竹?のようなもので編まれた橋があります。
つまり、池を渡ることができます。
池の中には鯉が泳いでいて、餌をやることもできます。

橋の向こう側は、僧侶たちが居ましたが、
観光客があまりみるようなところではありませんでした。
そそくさと引き返して来てしまいました。

DSC_1394

この寺院も犬たちが集まっています。
この日はとても暑かったのですが、なぜか犬たちは砂場で遊んでいました。
「暑くないのかな?」
と素直に疑問に感じ、撮影した一枚です。

DSC_1395

再び境内の中央に戻ってきました。
仏像が安置された礼拝堂らしき建物もあります。

そして、ここで衝撃的なものを発見しました。

DSC_1396

なんじゃ、この像は!?

パンダのような外観ですが、5つ目という恐ろしい顔を持っています。
興味がわいたので、説明書きを読もうと思ったのですが、
残念ながらタイ語でしか書かれていませんでした。

まさに
Amazing Thailand!!

な光景でした。

DSC_1398

一通り見学も写真撮影も終わったので、出発することにしました。
最後はワンコに見送られて、次の寺院へ向かいました。

つづく


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加してみることにしました。

どちらかのバナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!
にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
にほんブログ村


スナップ写真 ブログランキングへ


一人旅 ブログランキングへ

スポンサーリンク