今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

おしゃれなエリア、三清洞通りへ行ってみた!

モダンとレトロが調和する三清洞通り

三清洞通り(삼청동거리)とは

韓屋と現代的な建物が絶妙に調和し、独特な風景を生み出す街。
韓屋をアレンジしたモダンなレストランやワインバー、そしてギャラリーやデザイナーショップ、セレクトショップ、テーマ博物館などが点在している。
『ソウル公式観光ガイドブック』より引用

三清洞通りへのアクセス

地下鉄3号線アングク駅2番出口から出て、北西へ徒歩15分ほど。
地下鉄から直で行くのであれば、上記の通り地下鉄3号線アングク駅2番出口から出て、北上していった方がよいです。
ですが、僕は景福宮から行きました。
景福宮から行く場合ですと、景福宮の東側のゲートから出れば目の前が三清洞通りですので、
そのまま北上していくと、三清洞通りに辿りつけます。
景福宮に行ったことがあれば別ですが、もし景福宮に行ったことがなければ、
景福宮を見てから三清洞通りに向かった方が効率的に廻れます。

 

三清洞通りを歩いてみた!

実際に、三清洞通りを撮り歩きしましたので、
写真を掲載していきます。
ウェブサイトや雑誌で見かける三清洞通りの写真は、ここからスタートします。

右側はアクセサリーショップっぽいです。
奥には”WINE&COFFEE”の文字が…
お酒も飲めるカフェってことですかね。

反対側から撮ってみました。
こうしてみると、通り自体はレトロな雰囲気があるのですが、
モダンなテイストを取り入れた店構えをしたお店ばかりでした。
(だから良いとか悪いとかという話ではありません。)

ちょっとばかりディープな雰囲気を感じた、飲食店が建ち並ぶ路地です。
僕はこういう路地が大好きで、見つけるとついつい写真を撮ってしまいます。

水平がとれていないわけではありません。
坂道に建っているので、こういう建築様式になっています。
向かって左側の建物はカフェ、右側の建物は食事処のようです。

スターバックスもなかなか面白い外観の建物内に入ってました。

食事処

この日は朝から何も食べていなかったので、さすがにお腹が空いてきました。
三清洞通り沿いに、食事ができるお店がありましたので入ってみることにしました。
ハンバーグとセットで6,000ウォンのようです。
折角韓国に来たので、何か韓国らしいものを食べたいなと思い、
冷麺を注文しました。
ちなみに、キムチは無料の上に食べ放題でした。


実は、辛いものが食べたかったので、辛い冷麺を注文したのですが、
あまり辛くなかったんですよね…
タイ料理に慣れすぎてしまったかもしれません。

今回訪れたところ(まとめ)

レトロな街並みの雰囲気が残りつつも、現代のテイストをうまく取り入れており、
オシャレな印象を持ちました。
僕は入っておりませんが、三清洞通りにはカフェもありますよ。
カフェに入って、ゆっくりとオシャレなエリアの雰囲気を楽しむという過ごし方も良いかと。


どうでもよい話かもしれませんが、
この日はまだ一滴もアルコールを飲んでおりません。
今振り返ると、この旅あたりから、旅先でも昼間はあまり飲まなくなったような… 

三清洞通り

こちらの記事もどうぞ!!


最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

スポンサーリンク