今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

念願達成!僕をスコータイへと誘ったWat Sri Chumのアチャナ仏を撮影してきた!

※2017年9月18日更新

2016年のゴールデンウィーク。タイで遺跡巡りをするために、タイ国際航空とバンコクエアウェイズを利用して、東京からSukhothai(スコータイ)へとやってきました。

タイ国際航空TG683便(東京ーバンコク)搭乗記はこちら

バンコクエアウェイズPG211便(バンコクースコータイ)搭乗記はこちら

本稿では、Wat Sri ChumとWat Phrapai Luangを訪れてみたので紹介します。

スコータイへ僕を誘ったWat Sri Chum

そもそも、何故スコータイに来ようと思ったのか?そのきっかけは、今回紹介するWat Sri Chumにあります。

そこある仏像(アチャナ仏)の写真を『地球の歩き方』で見た瞬間、実物の写真を撮りたいと思ったのです。これがきっかけとなり、スコータイという地を訪れることを熱望しておりました。

それが2015年のことでしたので、約1年越しの想いが叶ったわけです。

ちなみに、『地球の歩き方 タイ』の2017−2018年版の表紙は、Wat Sri Chumのイラストが描かれています。

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

Wat Sri Chumへのアクセス

Wat Sri Chumは、スコータイ歴史公園の北西にあります。

地図上で示すとこちらです。

自転車をレンタルして行くのが楽です。僕は、宿泊場所から歩いて行ける距離でしたので、徒歩で行きました。

スコータイ滞在中に宿泊していた場所はこちら

Wat Sri Chumの様子

Wat Sri Chumに到着すると、団体客が待ち合わせをしておりました。ガイドブックにも掲載されているぐらいですからね。やはりここはスコータイの見所の一つのようです。 目的のアチャナ仏の前に、お寺内にある仏像を拝んで行きます。

ここからもう少し奥に行くと、大きな壁が見えてきます。その手前に、入場料を徴収する小屋がありますので、そちらで入場料を支払って、アチャナ仏のご尊顔を拝みに行きました。

そして、これがそのアチャナ仏です。

アチャナ仏は、「恐れない者」という意味があるそうです。

約一年越しの念願が叶ったことはもちろんですが、アチャナ仏のスケール感、表情、そして雰囲気に、素直に感動しました。

Wat Phrapai Luang

さて、Wat Sri Chumから歩いて数百メートルの離れたところに、もう一つWat Phrapai Luangという遺跡とお寺があります。

Wat Phrapai Luangへのアクセス

Wat Phrapai Luangは地図上で示すとこちらになります。

地図でもお判りいただけるかと思いますが、広大な敷地内に、遺跡とお寺が一緒にあるのです。

Wat Sri Chumと同様、自転車で行った方が楽ですが、僕は徒歩で行きました。

Wat Phrapai Luangの様子

こちらの大きな仏塔が目印のWat Phrapai Luangです。

すぐ近くには、何体もの仏像が安置されています。

Wat Phrapai Luangで一番目を惹かれたのが、こちらでございます。

真ん中の壁に、仏像のあとが残っているのです。しかも、よーく見ると、下地にレンガが使用されているのがわかります。

すごいな…

その時は素直にこの一言しか出てきませんでした。

ただ、残念なことにWat Phrapai Luangではアユタヤと同様、仏像が破壊されてしまっておりました。

さて、陽が沈みかけましたので、宿に戻ることにしました。ただ、夕方とはいえ……

暑い!!

日本では、14時暑さのピークがくると小学生の時に習いましたが、スコータイでは16〜17時ごろに暑さのピークがくるようです。

最後に

Wat Sri Chumに向かう途中で、午前中に立ち寄ってお昼ご飯を食べました。

そのお店についてはこちらの記事をご覧ください

料理が出て来るのを待っていると、僕の背後のテーブルに座っていた三人組の一人に英語で話しかけられました。そして、色々と質問されました。

タイ人と話していると、8割位の人から「タイ語を話せますか?」質問されます。僕は挨拶ぐらいしかできないので、簡単な挨拶と、知ってる単語を話します。すると、とても喜んでくれます。

話しかけてきたタイ人も、同じように質問してきました。そして、知っている会話表現を言うととても喜んでくれました。

せっかくなので、簡単な会話表現ぐらいは覚えて行くと良いかと思います。現地の人との距離がぐっと縮まりますよ!

それでなくともタイ人はフレンドリーなので物理的に距離を縮めてきますが(笑)

それではー!

旅の指さし会話帳 1タイ[第3版] (ここ以外のどこかへ)

旅の指さし会話帳 1タイ[第3版] (ここ以外のどこかへ)

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

D17 地球の歩き方 タイ 2017~2018

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2017/02/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク