今日もアジアの片隅で

「旅」と「写真」をメインテーマにしてます。2017年は週末修行だけでSFCを取得しました。

春秋航空9C8515便搭乗記:上海浦東空港(PVG)から羽田空港(HND)へ。深夜に羽田に到着したけど何とか帰宅できた!

中華系のLCC、春秋航空を利用して茨城空港から上海浦東空港へと飛びました。

春秋航空・9C8898便搭乗記はこちら

早いもので帰国の時がやってきてしまいました。

今回は、上海浦東空港から東京・羽田空港に飛んでみましたので、その搭乗記をお届けいたします。

春秋航空のカウンター

2015年の時点では、春秋航空は第2ターミナルからの出発になります。

リニアモーターカーに乗って市街地から戻ってきまして、そのまま第2ターミナルの出発ロビーに向かいます。

リニアモーターカーで上海浦東空港にやってきた記事はこちら

出発ロビーで春秋航空のカウンターを確認すると、一番端っこでした。LCCなので仕方ありません。

カウンターに到着すると、搭乗客で大行列ができておりました。

ただでさえたくさんの人が並んでいるのに、どのフライトのチェックインをやっているか、全くわかりませんという状態です(笑)

イチかバチか、並んでみることにしました。

並ぶこと30分…漸く僕の番が回ってきました。パスポートを出すと、

ドコマデ行キマスカ?

と日本語で訊かれました。

東京、羽田までです。

そう答えると、メジャーの上に荷物を載せ、オーバーウエイトでないことを確認してもらうと、手荷物であることを示すタグをもらい、チェックイン完了です。

制限エリア内へ

チェックインが完了しましたが、フライトまであと1時間ほどありました。

カウンター前の人の多さから考えると、イミグレも相当混むだろうと予想し、さっさとイミグレを抜けて、搭乗ゲート付近で食事をすることに。

ところが、イミグレは全然混んでませんでした。

拍子抜けしてしまいましたが、制限エリア内で食事ができるところを探したところ、何店舗があったので、向かってみました。

店に着くと、早速メニューを物色です。

見覚えのない銘柄のビールばっかりが並んでいたので、一番安いものをチョイスしてみました。

さっそく試飲してみたのですが、正直、僕の口には合いませんでした。口当たりはまろやかなんですが、薄いんですよね。

続いて、注文した料理はこちらです。

白ごま担々麺です。食べなくてもわかりました。これは間違いなく好吃だと。

というわけでさっそく実食してみると、案の定、期待を裏切らない味でした。

搭乗、そして出発

そうこうしているうちに、搭乗時刻が近づいてきたので、搭乗ゲートに向かうことに。

上海浦東空港は郊外に建設されたということもあって、とても大きな空港で、移動にも時間がかかります。ですので、乗り遅れないよう、十分に注意しましょう。

ちょうどいいタイミングでゲートに到着したと思ったのですが、どうやら少し遅延しているようでした。

結局、21時に出発だったのですが、21時から搭乗開始となりました。

外は大雨だったのですが、飛行機は無事に離陸しまして、羽田空港へと飛んで行きました。

機内の様子

使用機材は、A320だったので、座席配列は3×2のタイプです。

ところで、僕の隣の2列に座っていた方々は、流暢に中国語を話していたことから中国人だと思っていました。

後で発覚したのですが、どうやら2人とも日本人だったようです。

睡眠導入剤が欲しかったので、機内で、ビールを一本だけ注文しました。

が、僕の後ろに座っていた中国人利用客が、ずーっとしゃべっていて、全く寝ることができません。

やむなく、電子書籍を読んで過ごすことに。

出発してから3時間が経とうとした頃、着陸態勢に入ったことを告げるアナウンスが流れました。さらに、10分後…無事に到着しました。

イミグレに着くと、日本国籍ゾーンはそこそこの混雑。意外と日本人が乗っていたことに驚きです。税関もすんなりパスし、到着ロビーにでました。

深夜に羽田着の場合の交通手段

無事に東京・羽田空港に到着しましたが、問題はここからです。

空港からの交通手段です。

京急もモノレールもすでに終了しており、利用することはできません。定額タクシーという手もありましたが、僕の住んで所まではそれなりにします。

羽田空港の国際線ターミナルは24時間開いているので、「空港内で寝る」ということも考えました。

が、インフォメーションカウンターに目をやると、バスの案内が表示されていました。

カウンターのお姉さんに聞いてみると、僕が住んでいる方面行きのバスがまだ1本だけあることを教えてくれました。

何とかバスに乗ることができまして、無事、家でゆっくり眠ることができました。

翌朝、普通に出社することができて助かります。

最後に

利用するまでは、

春秋航空って大丈夫かな?

という心配もありましたが、実際に乗ってみると、普通のLCCでした。特にトラブル等もなく、無事に羽田まで運んでもらえたことに感謝です。

また、この深夜のバスのおかげで、2016年、Peachを利用しての週末台湾弾丸トラベルを実行することができました。2016年当時、Peachの台湾・桃園ー東京・羽田線は、午前1時に到着するというフライトスケジュールだったため、深夜ガスがなければ朝まで空港で待機するか、タクシーで帰るという選択肢しかなかったわけです。

深夜バス様様ですね。

それではー!

Booking.com

最後までご覧頂きありがとうございました。

ランキングに参加しております。
バナーをポチッ!として頂けますと、励みになります!!

にほんブログ村 写真ブログへ

スポンサーリンク